夏の住まい


吉田兼好 徒然草 第55段

「家の作りやうは、夏をむねとすべし」「冬はいかなる所にも住まる暑き頃わろき住居は堪へがたき事なり」


日本では古くから住まいは、夏の暑さ対策が一番重要視されたわけです。

遮熱・断熱風通し の良い住まいをつくることが重要です

風が起きる住まいをつくることです。

南側に広い開口

広縁・縁側が非常に重要になります。