縄張り

建築工事の1番最初の工程です

家の大雑把な位置。大きさの確認です

2列煉瓦壁とRCラーメン構造の柱、配置図です

ここへ煉瓦2列積みRCラーメン構造

南欧風駐車場を建てて行きます

なるべく全く建築の素人の方でも縄張り(建物の形)が出せるようご紹介いたします

縄張りは大体の建物位置・大きさの確認で誤差はあまり気にしないでいいです。

計画の変更もこの時点では可能です

①基本線の確定(通常は隣地境界線)最初に元になる直線を出します。

今回の場合は隣地との境界の排水溝

最初の基準線直線として使用します

※直線が無い場合は水糸で直線を出します。

②基本点の確定

基本線上に基本点を決めます

鉄杭を打ちます。

③建物基準点(A)を決めます

基本線上の基本点に矩出し器を当て

矩形(90度の角)」を作成し

メジャー希望建物基本点1.を出します

 

今回の建物は隣地境界から70mmです

④建物基準点(A)鉄杭から矩出し器+巻き尺で建物の点(B)奥行の長さを出します鉄杭を打ちます

⑤同じ要領で建物基準点(C)(D)を出します。

⑥建築基準点(A)(B)(C)(D)を

水糸で結べば縄張りの完成です。